外資系経理

世界平均年収ランキング(Accounting Manager : 経理課長 編)【外資系企業への転職に必見!】

ロバートウォルターズのサイトで2018年の給与調査をしておりました。

世界のさまざまな国の業界動向や現状の職種のニーズなどを見ることができるので、興味のある方は、ゼヒご覧ください。

ロバートウォルターズ 2018年給与調査

その中で今回は、経理担当ならまず目指すべき経理課長(Accounting Manager)のポジションに絞って世界中の経理課長はどのくらい稼いでいるのかをロバートウォルターズの調査データから抽出してランキング形式にまとめました。

将来的に海外で働きたいけど、日本と比べて給料はどうなの?など比較をする際に参考にしてください。

 

経理課長の世界年収ランキングベスト26

 

国名 現地通貨 日本円 日本円平均 (万円)
1 ドイツ 100-150K 1270-1905万円 1588
2 アメリカ 100-135K 1090-1472万円 1281
3 アイルランド 90-110K 1143-1397万円 1270
4 アラブ首長国連邦 360-480K 1080-1440万円 1260
5 日本 1000-1500万円 1250
6 フランス 75-100K 952-1270万円 1111
7 イギリス 65-85K 942-1232万円 1087
8 オーストラリア 120-140K 984-1148万円 1066
9 ベルギー 70-95K 889-1206万円 1048
10 ニュージーランド 120-150K 912-1140万円 1026
11 オランダ 60-90K 762-1143万円 953
12 香港 560-780K 784-1092万円 938
13 シンガポール 80-140K 648-1134万円 891
14 カナダ 88-110K 739-924万円 832
15 スペイン 55-75K 698-952万円 825
16 韓国 70-90M 700-900万円 800
17 ブラジル 162-270K 486-810万円 648
18 中国 300-450K 510-765万円 638
19 南アフリカ 700K+ 630万円 630
20 ポルトガル 40-45K 508-571万円 540
21 台湾 1-1.8M 357-643万円 500
22 マレーシア 144-216K 388-583万円 486
23 タイ 960K-1.9M 326-646万円 486
24 インドネシア 400-500M 316-400万円 358
25 ベトナム 24-36K (USD) 261-392万円 327
26 フィリピン 1-2M 210-420万円 315

※1.2018年6月1日のTTMレートにて日本円換算

※2.アメリカの年収は2017年のデータを利用(2018年がUPされていないため)

 

こちら棒グラフでも見てみましょう

 

 

見てみると自分で思っていたよりもこの国は給料が高い、もしくは低いなどあったかと思います。

 

上位グループについて

まず、上位を見てみるとやはりヨーロッパ、アメリカなどの先進国が中心なのは頷けるところかと思います。

そんな中、アラブ首長国連邦が4位にランクインをしているのは、近年ドバイに世界中のお金持ちが住みとてつもない経済発展をしているだけあって高いのも納得です。

また、日本もなんとか5位にランクインしております。

個人的には、ここに出ている年収は日本の平均的な経理課長の年収というよりも、外資系のアカウンティングマネージャーポジションでの給料な感触です。

そのため、やや高めに出ているかなという印象です。

まぁ、ロバートウォルターズが調査しているので、外資系が中心なデータになりますよね。

 

中位グループについて

気になったポイントは11、12位に香港、シンガポールがランクインしているところです。

この二つの国はグローバル企業のアジア統括拠点が多く、近年日本よりアジアでは優位なポジションという認識をしていました。

なので、個人的な感覚としては、日本より香港やシンガポールの方が年俸が高いイメージだったのですが、この結果になったのは意外でした。

 

下位グループについて

特筆すべき点はやはりアジア地域の国々が多い部分になります。

近年、すさまじい経済成長を遂げていますが、まだ年収の部分においては差があることが確認できます。

それでも近い内にその差はどんどん縮まるのではないでしょうか。

次に20位のポルトガルはヨーロッパ諸国ですが、お給料で見ると低い分類になりますね。

19位の南アフリカより低いのは驚きです。

最後に今回のデータでの最下位26位となってしまったフィリピン。

日本円で年収平均315万円です。

わたしはフィリピン留学でセブに行きましたが、タクシーの初乗り運賃は80円なので、この年収でもフィリピンでは相当高い部類に入ります。

なにはともあれ、それだけ人件費が安いということはビジネスチャンスもあるということですね。

今後のフィリピンに大きな期待です。

 

最後に

今回の26カ国の経理課長の平均年収は852万円となりました。

2018年の日本の平均給与が約420万円なので、単純に2倍です。

もちろん国によって、税金、物価、労働環境等、いろいろな違いはありますが、世界のアベレージでも経理課長は一般よりかなり高い給料なことが分かります。

つまり、それだけスキルを要求され、ストレスのある仕事ということですね。

仕事のキャリアを考える上で、賃金は重要なウエイトを占めますので、これを元に戦略を立てるのも一つの方法ではないでしょうか。

なお、わたしは下記の人材紹介会社を使ってます。

もし、下記の中で登録していない先があれば、無料相談ができ、外資系企業への転職を視野に入れる場合、外資系企業の求人が多いため登録をオススメします。

 

また、各ステージ毎の経理での外資系企業への転職方法は下記の記事を参考に

ニートもしくは未経験⇒外資系派遣へ

【ニート⇒派遣へ就職編】ニートな元営業が未経験から外資系経理にキャリアチェンジ?の転職術 ※わたしの経歴はプロフィールをご覧下さい ...

派遣⇒外資系正社員へ

【派遣⇒正社員へ転職編】ニートな元営業が未経験から外資系経理にキャリアチェンジ?の転職術下記では、経理経験ゼロからどのように外資系企業で働くという実績を作るかについて記事を書きました。 https://kamizono...
RELATED POST
外資系企業の経理のまとめ 外資系企業

外資系企業の経理のまとめ(1000万経理で稼ぐスキル、外資経理用語、日常業務、必要スキル)

2019年12月14日
外資系経理への転職、逆転そして人事へ
かみぞのです。 経理未経験から外資系企業の経理に転職し、外資系企業の経理に関する記事を多く書いてきました。 今回は外資系企業の経 …
会社の横領、着服、不正 外資系経理

経理担当が会社の横領、着服、不正がどれだけバレないのかを自社想定で考えてみた

2019年8月20日
外資系経理への転職、逆転そして人事へ
経理業務をおこなっているのと、自分自身の預金口座には一生見ることのできないとてつもない残高を目にします。 普段は感覚がマヒして何も考え …
外資系製造メーカーで働く人事の採用担当がぶっちゃける現在中途採用で利用している人材紹介会社を紹介 外資系人事

外資系製造メーカーで働く人事の採用担当がぶっちゃける現在中途採用で利用している人材紹介会社を紹介

2020年2月11日
外資系経理への転職、逆転そして人事へ
わたしかみぞのは2020年現在、3度の転職(4社経験)を経て3つの職種(日系ベンチャーの営業→外資経理→外資人事)に就きました。 ※わ …